パワポのスライドを業者に委託する方法

パワポのスライドを業者に委託する方法

何かのプレゼンテーションの機会がある、けれども自分はパワポのスライドを上手に(あるいは全く)作れないというとき、外部の制作会社に委託するという方法があります。その際に気をつけなければならないこととは何でしょうか。
デザインや、(もしさほど複雑な内容でなければ)ある種のシナリオ感については、提案を受けながら相談することができます。しかしどうやっても外部に発注できないことが一つあって、それは「コンセプト」の結晶化作業です。

どんな理由で、どんな情熱に後押しされて当該プレゼンを行うのか。それが結晶化されていなければ、何を強調し、何を訴求力豊かに描き、何を省くべきなのか、制作会社の側も理解することができません。もちろん、そういった知見を一定のレベルまで持ち合わせているのが、力のあるディレクター・デザイナー・エディターです。本当に優秀な制作会社のディレクターは、そういったシナリオやコンセプトレベルにまで踏み込んで、発注側が気づきもしなかったプレゼンの「価値」に気づかせてくれ、その上で魅力的なスライドを作り上げてくれることもあります。(結構、いい値段になりますが。)

とはいえ、それとて、本当にあなた自身(発注者側)から出たことばというわけではないということを忘れてはなりません。あたかも最初からそれが自分のコンセプトであったかのように感じる高度な取り違え能力を人間は有しているとはいえ、それを内面化し、本当に自分自身の身からでた問題意識・コンセプトへと昇華するためには、どうしても自分(たち)自身で真剣に考え抜き、語るべきことば・コンセプトに仕立て上げるという段階は経由する必要があるのです。
そういった「身から出た」ことば=コンセプトを、できれば前もって、少なくとも制作会社と対話しながら明確に作り上げた上で、シナリオ化してゆきます。一つ一つのスライドの工夫や、訴求力向上のためにどう作り込むか、といったことは、最後の最後です。

パワポのスライド作成を委託する

パワポのスライド作成を委託する

プレゼンテーションを行う際によく使われているのがパワポです。パワポとはパワーポイントの略です。
パワーポイントはプレゼンテーション用のソフトウェアで、会議や発表で使うスライドや資料を作成することができます。パワーポイントには様々な機能が搭載されています。図や写真、絵などを好きな位置に貼り付けることができるレイアウト機能を使えば、わかりやすい資料を作ることができます。スライドを上映しているときに貼り付けた図を動かすこともでき、動画や音声もスライドに組み込めるので様々なシーンで活用されています。

ビジネスの世界で重宝されているパワーポイントの習得は、ビジネスマンにとって重要なものです。
パワーポイントの操作は難しくなく、コツがわかれば誰でも理解しやすいスライドや資料を作ることができます。

重要な取引先への説明や成功させたい企画の場合は、外部に委託してクオリティの高いプレゼンテーションを作成してもらうケースもあります。
パワーポイントを使った資料作りを外注することで、他の重要な仕事に専念することができます。

日本にはパワーポイント資料の作成代行会社が数多く存在しています。忙しくて資料を作成する時間がない人や、突然資料が必要になって困っている人などにも柔軟に対応してくれます。
スタッフが常に待機していて、最短24時間のスピード対応を掲げている会社もあります。電話やメールで業務を進めることで、無駄なコストを省いてリーズナブルなページ単価を実現している会社もあります。
プロに依頼することでデザインや構成、企画の支援などについても相談でき、手厚いサポートを受けることができます。
資料作成代行会社に問い合わせを行うと、サービスの詳細について説明があり完成資料のサンプルを提示してくれます。
費用や納期などの提示があり、納得できれば契約となります。初稿を作成してフィードバックで修正を行って完成品が納入されます。完成品が納品された後に資料の作成費用を支払うことになります。

効果的な企画書を作るのに利用したいパワーポイント作成代行

パワーポイント作成代行

ビジネスマンにとって企画書は自分の意見を上司にアピールする非常に重要な書類です。新しいビジネスを開拓したり、これまでとは違う視点で現在のビジネスを考えることで新たな市場を生み出したり、製品を開発するための足がかりとする上で非常に重要なものです。しかし企画書の出来栄えによってはせっかくの良いアイディアも上司や企業の経営層に明確に伝わらずに却下されてしまうことも少なくありません。そのため企画書の出来栄えはアイディアを具体化する上で非常に重要な要素となります。

しかし忙しいビジネスマンにとって素晴らしい企画書を作る事はなかなか簡単なことではありません。単に文章で自分の意見を伝えるだけでなくときには様々な表や図を利用して見た目に美しくすっきりと情報が伝わるような工夫が必要です。そのためには単に情報を整理するだけでなくこれを表現するコツも非常に重要となります。

最近ではパワーポイントを利用して効果的な企画書を作成することが多くの現場で必須となっています。時間のない上司や企業の経営層に簡単に内容を理解してもらうためにはパワーポイントの様々な機能を利用して効果的な表現を行い企画の内容を一段と明確に伝えることが一般的です。しかしそのためにはパワーポイントの様々な機能を熟知しこれを適切に利用しながら自らの企画をアピールすることが必要ですが、これらのテクニックを全て習得しているビジネスマンは少なく、大半が自らが訴えたい内容の全てを効果的に表現できずに終わっていることが多いのです。

そのようなときには、パワーポイント作成代行を効果的に利用して企画書を作成することも1つの方法です。パワーポイントの機能を熟知したプロのスタッフが企画の内容に合わせて最適な表現方法を利用し作成してくれるので自分のパワーポイントにおける表現の能力を超えたわかりやすく上司や企業の経営層に伝わりやすい企画書を作成してくれます。企画書は内容とともにそのインパクトを十分に持たせることが重要ですが、これらをパワーポイントの機能を駆使して最適に行ってくれる方法です。

アイディアを形にする!パワーポイントで作成する企画書と代行会社利用のメリット

企画書代行会社

「新商品をPRしなければならない」「新しい事業を立ち上げたい」「契約を成立させたい」など、ビジネスシーンにおいてはさまざまな課題があり、前に進むためにはその課題を解決していかなければなりません。そんな時に重要なツールとなるのが企画書です。しかし、企画書を作ろうとした時に多くのビジネスマンが頭を悩ませることになるのではないでしょうか。

問題解決のためにアイディアをまとめて相手にわかりやすく伝えるために役立つのがパワーポイントです。

企画書といっても、マーケティング戦略、事業計画、営業戦略など、その目的によって適したフォームが異なりますが、パワーポイントにはさまざまなテンプレートがあります。マトリックス形式、ツリー形式などのパワーポイントのテンプレートを眺めるだけで、バラバラだったアイディアが自然と整理され形となってくるでしょう。あとはテンプレートにしたがって埋め込むだけです。

しかし、それだけ良い企画書になるとは言い切れません。テンプレートに情報を埋め込んだだけでは相手に伝わる企画書になるとは限らないからです。相手の心に訴えアイディアのすばらしさを伝えるにはデザインも重要なポイントになります。文字のフォント、行間の広さ、余白使い、色使い、グラフや図形の挿入、全体のレイアウトなどはセンスも必要となってくるでしょう。

もしも企画書作りに自信がない時は代行会社を利用することは検討に値します。広告やWebのデザインのようにプロの力を借りることで説得力のある企画書を作ることができます。もちろん費用はかかりますが、企画を通すためには必要なコストです。

また、作成を代行してもらうことで時間を節約できるという大きなメリットもあります。慣れない企画書作りに時間を費やすなら、代行してもらって他の業務に時間を割くほうが効率的です。ビジネスマンにとっては時間もコストです。同じ時間をかけるなら本来の業務に集中するほうが良いのではないでしょうか。