アイディアを形にする!パワーポイントで作成する企画書と代行会社利用のメリット

企画書代行会社

「新商品をPRしなければならない」「新しい事業を立ち上げたい」「契約を成立させたい」など、ビジネスシーンにおいてはさまざまな課題があり、前に進むためにはその課題を解決していかなければなりません。そんな時に重要なツールとなるのが企画書です。しかし、企画書を作ろうとした時に多くのビジネスマンが頭を悩ませることになるのではないでしょうか。

問題解決のためにアイディアをまとめて相手にわかりやすく伝えるために役立つのがパワーポイントです。

企画書といっても、マーケティング戦略、事業計画、営業戦略など、その目的によって適したフォームが異なりますが、パワーポイントにはさまざまなテンプレートがあります。マトリックス形式、ツリー形式などのパワーポイントのテンプレートを眺めるだけで、バラバラだったアイディアが自然と整理され形となってくるでしょう。あとはテンプレートにしたがって埋め込むだけです。

しかし、それだけ良い企画書になるとは言い切れません。テンプレートに情報を埋め込んだだけでは相手に伝わる企画書になるとは限らないからです。相手の心に訴えアイディアのすばらしさを伝えるにはデザインも重要なポイントになります。文字のフォント、行間の広さ、余白使い、色使い、グラフや図形の挿入、全体のレイアウトなどはセンスも必要となってくるでしょう。

もしも企画書作りに自信がない時は代行会社を利用することは検討に値します。広告やWebのデザインのようにプロの力を借りることで説得力のある企画書を作ることができます。もちろん費用はかかりますが、企画を通すためには必要なコストです。

また、作成を代行してもらうことで時間を節約できるという大きなメリットもあります。慣れない企画書作りに時間を費やすなら、代行してもらって他の業務に時間を割くほうが効率的です。ビジネスマンにとっては時間もコストです。同じ時間をかけるなら本来の業務に集中するほうが良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です