パワーポイント作成代行業者を利用すれば、プレゼンテーションがより魅力的に

パワーポイント作成代行業者

学習にビジネスに研究に、今や多くの人が一度は使ったことのあるプレゼンテーション用ソフトウェアの代表格のパワーポイント。ご存知の通り、パワーポイントを使えば文章や写真、動画などを好きなようにスライド上に配置でき、またアニメーションなどの補助効果も使え、誰もが簡単にプレゼンテーション用資料を作ることができます。

しかし、より魅力的なプレゼンテーションを作るためには、文字や画像の大きさ、配置などこだわるべき要素がたくさんあり、スライドのデザインはとても奥が深いものです。そのため、大切な発表スライドを作るためにはどうしても時間がかかります。中には、プレゼンテーションのスライドを作りたいが忙しくて時間が無いという方や、大事なプレゼンテーションなのでいつもより魅力的なスライドにしたい、といった方も多くいます。そんな方のニーズに応えるのが、パワーポイント作成の代行業者です。実はこのパワーポイント作成代行サービスを提供する業者は数多く存在し、手間をかけずクオリティの高いプレゼンテーションスライドを作ることができるとあって多くの人が利用しているのです。

スライド作成の代行のみならず見栄えの良いプレゼンテーション作成の講習も行っている業者や、よりハイクオリティなデザインにこだわった業者、とにかくコストを抑えたい人のために低価格にこだわった業者、パワーポイントだけでなくWebサイトや論文のデザインも請け負う業者など様々な業者の中から選ぶことができるため、自分の目的や予算に応じて最適な業者を探すと良いでしょう。パワーポイント作成代行の料金の相場は、低価格を売りにしている業者では1スライドあたり1500円から、最もクオリティが高いものでは10スライドで90000円というものもあり、1スライド4000円ほどが標準的な価格と言えそうです。ワンランク上のプレゼンテーションを行ってみたいという方には、これらの代行業者を検討する価値は十分ありそうです。

効果的なプレゼンテーションを作るにはパワーポイント作成代行が便利

プレゼンテーション作成代行

プレゼンテーションは現代のビジネスマンにとっては非常に重要な要素を占めるものです。効果的なプレゼンテーションを行うことで顧客の興味を引きつけることができるとともに、商品やサービス自体の付加価値が高まることも多く、しっかりとした資料を作成し効果的に行うことが商談の成功につながる非常に重要な要素となっています。そのためプレゼンテーション資料の作成に多くの時間をかけたいと考えているビジネスマンは多いのですが、その時間を取ることができない人も少なくありません。優秀なビジネスマンほど日々の業務に多くの時間を割かれてしまうことが多く、資料を作ることができない場合が多いのです。

またプレゼンテーション資料を作る上で最も効果的なツールと言われているパワーポイントですが、そのテクニックを習得する事は決して簡単なことではありません。パワーポイントは非常に効果的なツールと言われていますがその機能が豊富なゆえに適切な機能を選んで利用するためにはパワーポイントの機能に関して非常に多くの知識が必要であり、忙しいビジネスマンにとってその機能を習得している時間もなかなか作ることができないのが実態です。そのような状態で作成した資料を用いたプレゼンテーションは高い効果を生み出すことができないことが多いため、多くのビジネスマンにとって悩みの種となっています。

このような時に非常に頼りになるのがパワーポイントによるプレゼンテーション資料の作成代行です。最近では多くの会社がこの作成代行のサービスを行っていますが、パワーポイントの機能を熟知したスタッフが最適な資料を作成してくれるほか、状況に合わせて最適な効果を生み出してくれるのでぜひ利用したいものです。最近では自分で資料を作れない場合だけではなく、より高い効果を生み出すためにあえて作成代行を利用するケースも増えており、効果的なプレゼンテーションを行うための1つの重要なものとして広く利用されています。

パワーポイント企画書を外注するという選択

パワーポイント企画書外注

最近では、パワーポイントを使って企画書を作成し、プレゼンする機会は社内外で一般化しています。パワーポイントの機能を十分に活用して、プレゼンにアクセントを付ける事は、多くのビジネスマンが使いこなしています。
従って、社内でのプレゼン用途では、一般的には提案者や提案部門が企画書を自分達で作成するのが普通です。しかし、社外に対してコンペやその他重要なプレゼンを行う為の企画書に関しては、プロのライターにパワーポイントの企画書を外注すると言ったケースも少なくありません。
企画内容が、相手に伝わるだけでは不十分で、相手を感動させ、自社の提案等に惹き付ける企画書である事が必要で、これにはパワーポイントを駆使できるスキルだけではなく、訴求方法をどうするかがポイントとなるのです。

一般のビジネスマンは、多くの事を訴えたいために、どうしても企画内容を細かく訴求しようとする傾向が、それよって訴求ポイントが発散しがちとなるのです。
プロのコピーライターは、じっくりとプレゼンしたい内容や、他社との差別化ポイント等を依頼者に対するヒヤリングの中で引き出し、それを相手の心に突き刺さる様な簡潔なキャッチコピー等を考えた上で、企画書を目的に応じたプレゼン資料としてまとめてくれます。

こうしたスキルは、やはりプロならではのスキルと言えるでしょう。こうしたプレゼン用の企画書を作成したいなら、自社の担当者が考えるより、プロに外注する方がベターと言えるでしょう。

また、そこまでの質は必要なくても、限られた自社の人材をプレゼン資料の作成に時間を割くより、もっと付加価値を生み出す仕事に集中させるために、クラウドソーシング等に格安で資料作成を外注する方法もあります。

人手不足が深刻になりつつある現在、すべての仕事を自社の社員でこなそうとするのではなく、パワーポイントでの企画書作成においても、目的と求める質に応じて最適な外注の活用を積極的に考えるべきと言えるでしょう。

パワーポイントで企画書等を作成する場合外注という方法もある

パワーポイントで企画書等を作成する場合外注という方法もある

パワーポイントで企画書をつくる場合、大変な労力を要する時があります。まず素人の方が企画書をつくる場合、どこから手をつけていいのか分からない、ソフトを使うのが面倒、質のいい企画書が作成できないということが主な挫折のポイントです。それにデザイン性の問題も出てきます。

そういった場合、企画書を外注するという方法も視野に入ります。外注というとプロのフリーランス、もしくはビジネスを専門にしている企業とかコンサルティング会社を選ぶとよいでしょう。依頼料はかかりますが、質が良いのができるのは間違いありません。企業とフリーランスのデメリットとメリットを教えときましょう。

まずフリーランスのメリットは費用が安いということ、交渉次第では費用はそれなりに抑えることができます。
例えば、次回も仕事を依頼するのでといった一文を交渉するときに入れておくだけで値段交渉ができます。
デメリットとしては、選ぶのが難しいということです。選ぶ方法を間違えてしまえば散々な結果になることもしばしばあります。中には何度も差し戻しをすると諦めてしまう方もいます。基本的にはポートフォリオなどを見て判断するのが得策でしょう。

そして、企業やコンサルティングに頼む場合のメリットとデメリットはなんでしょうか。
まずメリットとしては質がいい企画書が出来上がる確率が高いです。初めから最後までというわけではなく、途中まで必要なデータを入力しておいて改変してもらうだけという作業だけ行っている企業もあります。コストカットもできるので、デザインのブラッシュアップだけしてもらうという選択肢もあります。
コンサルティング会社の場合は企画書に必要なデータを独自で調査してきもらい1から全て任せるという選択肢もできます。

コストを抑えたいならフリーランスに頼むか、質を上げたいなら企業かコンサルティング会社の3択でしょう。質のいいものを作れるという自信を持っている人なら自分でパワーポイントを使い企画書を作るのも1つの選択肢です。

powerpointのデザインが苦手な場合には

powerpoint デザイン

会社員の方の中には、会議の資料として、またお客様へのプレゼンテーションとしてpowerpointを頻繁に利用されている方も多いのではないでしょうか。

powerpointはスライド単位で説明することができ、また画面を利用することでアニメーションによる印象付けをすることができます。そのため効果的に利用することで、相手の方に説明したい内容を具体的に伝えたり、好印象を与えることが可能となるツールのひとつと言えます。

このように利用価値の高いpowerpointですが、作成された資料やプレゼンテーションのデザイン性が、印象を大きく作用される要因ともなるため手を抜くことができません。ですが、どうしてもそういったデザインについてや、相手に好印象を与えるイメージづくりといったものが苦手な方も当然いらっしゃることでしょう。そのような方の場合には、概要だけを自分で作成し、後は効果的なpowerpointのスライドを作成が得意な方に任せる方がよりよい場合もあります。

同じ社内にそうした方がひとりいればその方にお任せすることもできますが、もしいない場合や規模の小さな企業である場合には、powerpoint作成を外注するといったことも選択のひとつとなります。そこまでして、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、こうしたデザイン性やイメージ、印象を良くすることは、営業において重要なポイントともなりえます。もし外注に作成依頼をする場合には、作成する内容や予算によって依頼先を選定することとなります。外注といっても専門のデザインを請け負っている会社から個人のデザイナーまで、幅広く存在します。探す方法としてはインターネットで企業のHPを探したり、個人へ依頼することができるサイトもあります。また気に入った外注先を見つけることができた場合には、継続的に依頼をすることでより自社にあったpowerpointのスライドによる資料やプレゼンテーションを作成してくれることが可能となるでしょう。