パワーポイント企画書を外注するという選択

パワーポイント企画書外注

最近では、パワーポイントを使って企画書を作成し、プレゼンする機会は社内外で一般化しています。パワーポイントの機能を十分に活用して、プレゼンにアクセントを付ける事は、多くのビジネスマンが使いこなしています。
従って、社内でのプレゼン用途では、一般的には提案者や提案部門が企画書を自分達で作成するのが普通です。しかし、社外に対してコンペやその他重要なプレゼンを行う為の企画書に関しては、プロのライターにパワーポイントの企画書を外注すると言ったケースも少なくありません。
企画内容が、相手に伝わるだけでは不十分で、相手を感動させ、自社の提案等に惹き付ける企画書である事が必要で、これにはパワーポイントを駆使できるスキルだけではなく、訴求方法をどうするかがポイントとなるのです。

一般のビジネスマンは、多くの事を訴えたいために、どうしても企画内容を細かく訴求しようとする傾向が、それよって訴求ポイントが発散しがちとなるのです。
プロのコピーライターは、じっくりとプレゼンしたい内容や、他社との差別化ポイント等を依頼者に対するヒヤリングの中で引き出し、それを相手の心に突き刺さる様な簡潔なキャッチコピー等を考えた上で、企画書を目的に応じたプレゼン資料としてまとめてくれます。

こうしたスキルは、やはりプロならではのスキルと言えるでしょう。こうしたプレゼン用の企画書を作成したいなら、自社の担当者が考えるより、プロに外注する方がベターと言えるでしょう。

また、そこまでの質は必要なくても、限られた自社の人材をプレゼン資料の作成に時間を割くより、もっと付加価値を生み出す仕事に集中させるために、クラウドソーシング等に格安で資料作成を外注する方法もあります。

人手不足が深刻になりつつある現在、すべての仕事を自社の社員でこなそうとするのではなく、パワーポイントでの企画書作成においても、目的と求める質に応じて最適な外注の活用を積極的に考えるべきと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です