パワーポイント企画書を外注するという選択

パワーポイント企画書外注

最近では、パワーポイントを使って企画書を作成し、プレゼンする機会は社内外で一般化しています。パワーポイントの機能を十分に活用して、プレゼンにアクセントを付ける事は、多くのビジネスマンが使いこなしています。
従って、社内でのプレゼン用途では、一般的には提案者や提案部門が企画書を自分達で作成するのが普通です。しかし、社外に対してコンペやその他重要なプレゼンを行う為の企画書に関しては、プロのライターにパワーポイントの企画書を外注すると言ったケースも少なくありません。
企画内容が、相手に伝わるだけでは不十分で、相手を感動させ、自社の提案等に惹き付ける企画書である事が必要で、これにはパワーポイントを駆使できるスキルだけではなく、訴求方法をどうするかがポイントとなるのです。

一般のビジネスマンは、多くの事を訴えたいために、どうしても企画内容を細かく訴求しようとする傾向が、それよって訴求ポイントが発散しがちとなるのです。
プロのコピーライターは、じっくりとプレゼンしたい内容や、他社との差別化ポイント等を依頼者に対するヒヤリングの中で引き出し、それを相手の心に突き刺さる様な簡潔なキャッチコピー等を考えた上で、企画書を目的に応じたプレゼン資料としてまとめてくれます。

こうしたスキルは、やはりプロならではのスキルと言えるでしょう。こうしたプレゼン用の企画書を作成したいなら、自社の担当者が考えるより、プロに外注する方がベターと言えるでしょう。

また、そこまでの質は必要なくても、限られた自社の人材をプレゼン資料の作成に時間を割くより、もっと付加価値を生み出す仕事に集中させるために、クラウドソーシング等に格安で資料作成を外注する方法もあります。

人手不足が深刻になりつつある現在、すべての仕事を自社の社員でこなそうとするのではなく、パワーポイントでの企画書作成においても、目的と求める質に応じて最適な外注の活用を積極的に考えるべきと言えるでしょう。

パワーポイントで企画書等を作成する場合外注という方法もある

パワーポイントで企画書等を作成する場合外注という方法もある

パワーポイントで企画書をつくる場合、大変な労力を要する時があります。まず素人の方が企画書をつくる場合、どこから手をつけていいのか分からない、ソフトを使うのが面倒、質のいい企画書が作成できないということが主な挫折のポイントです。それにデザイン性の問題も出てきます。

そういった場合、企画書を外注するという方法も視野に入ります。外注というとプロのフリーランス、もしくはビジネスを専門にしている企業とかコンサルティング会社を選ぶとよいでしょう。依頼料はかかりますが、質が良いのができるのは間違いありません。企業とフリーランスのデメリットとメリットを教えときましょう。

まずフリーランスのメリットは費用が安いということ、交渉次第では費用はそれなりに抑えることができます。
例えば、次回も仕事を依頼するのでといった一文を交渉するときに入れておくだけで値段交渉ができます。
デメリットとしては、選ぶのが難しいということです。選ぶ方法を間違えてしまえば散々な結果になることもしばしばあります。中には何度も差し戻しをすると諦めてしまう方もいます。基本的にはポートフォリオなどを見て判断するのが得策でしょう。

そして、企業やコンサルティングに頼む場合のメリットとデメリットはなんでしょうか。
まずメリットとしては質がいい企画書が出来上がる確率が高いです。初めから最後までというわけではなく、途中まで必要なデータを入力しておいて改変してもらうだけという作業だけ行っている企業もあります。コストカットもできるので、デザインのブラッシュアップだけしてもらうという選択肢もあります。
コンサルティング会社の場合は企画書に必要なデータを独自で調査してきもらい1から全て任せるという選択肢もできます。

コストを抑えたいならフリーランスに頼むか、質を上げたいなら企業かコンサルティング会社の3択でしょう。質のいいものを作れるという自信を持っている人なら自分でパワーポイントを使い企画書を作るのも1つの選択肢です。

効果的な企画書を作るのに利用したいパワーポイント作成代行

パワーポイント作成代行

ビジネスマンにとって企画書は自分の意見を上司にアピールする非常に重要な書類です。新しいビジネスを開拓したり、これまでとは違う視点で現在のビジネスを考えることで新たな市場を生み出したり、製品を開発するための足がかりとする上で非常に重要なものです。しかし企画書の出来栄えによってはせっかくの良いアイディアも上司や企業の経営層に明確に伝わらずに却下されてしまうことも少なくありません。そのため企画書の出来栄えはアイディアを具体化する上で非常に重要な要素となります。

しかし忙しいビジネスマンにとって素晴らしい企画書を作る事はなかなか簡単なことではありません。単に文章で自分の意見を伝えるだけでなくときには様々な表や図を利用して見た目に美しくすっきりと情報が伝わるような工夫が必要です。そのためには単に情報を整理するだけでなくこれを表現するコツも非常に重要となります。

最近ではパワーポイントを利用して効果的な企画書を作成することが多くの現場で必須となっています。時間のない上司や企業の経営層に簡単に内容を理解してもらうためにはパワーポイントの様々な機能を利用して効果的な表現を行い企画の内容を一段と明確に伝えることが一般的です。しかしそのためにはパワーポイントの様々な機能を熟知しこれを適切に利用しながら自らの企画をアピールすることが必要ですが、これらのテクニックを全て習得しているビジネスマンは少なく、大半が自らが訴えたい内容の全てを効果的に表現できずに終わっていることが多いのです。

そのようなときには、パワーポイント作成代行を効果的に利用して企画書を作成することも1つの方法です。パワーポイントの機能を熟知したプロのスタッフが企画の内容に合わせて最適な表現方法を利用し作成してくれるので自分のパワーポイントにおける表現の能力を超えたわかりやすく上司や企業の経営層に伝わりやすい企画書を作成してくれます。企画書は内容とともにそのインパクトを十分に持たせることが重要ですが、これらをパワーポイントの機能を駆使して最適に行ってくれる方法です。

アイディアを形にする!パワーポイントで作成する企画書と代行会社利用のメリット

企画書代行会社

「新商品をPRしなければならない」「新しい事業を立ち上げたい」「契約を成立させたい」など、ビジネスシーンにおいてはさまざまな課題があり、前に進むためにはその課題を解決していかなければなりません。そんな時に重要なツールとなるのが企画書です。しかし、企画書を作ろうとした時に多くのビジネスマンが頭を悩ませることになるのではないでしょうか。

問題解決のためにアイディアをまとめて相手にわかりやすく伝えるために役立つのがパワーポイントです。

企画書といっても、マーケティング戦略、事業計画、営業戦略など、その目的によって適したフォームが異なりますが、パワーポイントにはさまざまなテンプレートがあります。マトリックス形式、ツリー形式などのパワーポイントのテンプレートを眺めるだけで、バラバラだったアイディアが自然と整理され形となってくるでしょう。あとはテンプレートにしたがって埋め込むだけです。

しかし、それだけ良い企画書になるとは言い切れません。テンプレートに情報を埋め込んだだけでは相手に伝わる企画書になるとは限らないからです。相手の心に訴えアイディアのすばらしさを伝えるにはデザインも重要なポイントになります。文字のフォント、行間の広さ、余白使い、色使い、グラフや図形の挿入、全体のレイアウトなどはセンスも必要となってくるでしょう。

もしも企画書作りに自信がない時は代行会社を利用することは検討に値します。広告やWebのデザインのようにプロの力を借りることで説得力のある企画書を作ることができます。もちろん費用はかかりますが、企画を通すためには必要なコストです。

また、作成を代行してもらうことで時間を節約できるという大きなメリットもあります。慣れない企画書作りに時間を費やすなら、代行してもらって他の業務に時間を割くほうが効率的です。ビジネスマンにとっては時間もコストです。同じ時間をかけるなら本来の業務に集中するほうが良いのではないでしょうか。